お薬併用による処方できない方のケース~浜松町第一クリニック上野院

絶対に併用しないでほしい薬のリストです。~浜松町第一クリニック上野院~

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-817822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
レビトラを処方できない方

処方できない方の注意点

【併用禁忌薬を服用しているケース】

  • 硝酸剤を服用している場合
    レビトラには、一緒に服用することができない併用禁忌薬がございます。
    硝酸剤がそれに該当し、仮にレビトラと併用禁忌薬を一緒に服用してしまった場合、急激な血圧低下を伴い、命の危険性を招く恐れがございます。
  • 抗不整脈薬を服用している場合
    硝酸剤と同じく、抗不整脈薬もレビトラの併用禁忌薬に該当します。
    仮に抗不整脈薬を服用している方がレビトラを服用すると、心臓の働きに異常をきたす恐れがございます。
    絶対に併用しないでください。
  • 抗ウイルス薬(HIV治療薬など)、抗真菌薬を服用しているケース
    これらのお薬を服用している場合、レビトラのお薬が体内で分解され難くなり、血中濃度が過剰に上昇してしまう恐れがございます。

※ ご自身が服用されているお薬がございましたら、安全を期すため医師にその薬剤名をお伝え下さい。
※ 併用禁忌薬は飲み薬以外にも、貼り薬や塗り薬など、たくさん種類がございます。内服薬以外のお薬を使用している場合でも、医師にその旨をお伝え下さい。

【持病をお持ちのケース】

  • 心臓や脳に過去6ヶ月以内の病歴をお持ちの方(脳梗塞や心筋梗塞などがそれに該当します。)
  • 不安定狭心症を患っている方。もしくはその病歴のある方。医師にご相談ください。
  • 先天的な不整脈をお持ちの方。抗不整脈薬を服用されている方。
  • 重度の肝機能障害を患っている方。
  • 治療を要する低血圧症や高血圧症を患っている方。

※ 低血圧:最大血圧90mmHg以下、高血圧:最大血圧170mmHg以上または、最小血圧100mmHg以上。

  • 血液の人工透析をおこなう必要のある病気を患っている方。
  • 心血管系に異常があり、医師の診断で性行為を止められている方。
  • 進行性の夜盲症の方(網膜色素変性症)。

※ 女性やお子様に対しては、レビトラの効果が確認されておりませんので、処方する事ができません。
※ 上記に該当しない場合でも、不安要素がございましたら、お気軽にクリニックの医師までご相談ください。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-087822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.