バイアグラの用法・用量については、浜松町第一クリニック上野院

ご来院の際は、初診料無料・再診料無料【浜松町第一クリニック上野院】

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-817822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
バイアグラ

当クリニックは、上野駅からすぐ近くの立地にありながら路地裏に位置しているため人目を気にせずビルに入れます。ビルの2階以上には当院のみですので、クリニック関係者と患者様以外人と会うこともありません。

クリニック内では、受付対応・診察ドクターなどすべて男性スタッフのみで対応をさせていただいており、女性の目を気にせずご利用いただけます。

バイアグラはファイザー株式会社の正規品のみ取扱っております。薬剤はクリニックにて常備しておりますので、予約されていない患者様でもすぐにお求めできるように配慮しております。

なお、初診料・再診料ともに無料で対応させていただいておりますのでお薬の代金だけで処方できますのでお気軽にご来院下さい。

バイアグラとは

バイアグラ

バイアグラは、本来狭心症の治療薬としてアメリカで開発されたお薬ですが、第一次臨床試験中において勃起を促す効果が発見され、現在では勃起不全治療薬として発売されるようになり、幅広い年齢層の方々の悩みを解消しております。

※ アメリカでは1998年、日本では1999年3月に勃起不全治療薬として正式に販売が認められました。

バイアグラの効果

バイアグラ錠剤

勃起不全を改善するためには、陰茎の勃起を妨げる酵素を阻害しないといけません。

バイアグラを服用することにより、勃起不全の原因となる酵素を妨げ、海綿体への血流を増加させる働きを持つ「環状グアノシン一リン酸」の形成を促進させます。

それにより、勃起を促す効果が大きく期待でき、性的興奮および刺激を感じた際に勃起しやすくなります。

※ バイアグラはあくまでも男性機能を向上させるための薬です。興奮剤としての作用・性欲を高める効果はありません。

バイアグラの服用方法

バイアグラは、空腹の状態で性行為の1時間ほど前にお水で服用してください。

お水以外のジュース・お茶・アルコールなどの飲み物で服用しても健康に害を与える心配はありませんが、アルコールを飲みすぎると本来のバイアグラの効果を十分得ることができない可能性があります。

また、バイアグラを服用の際には、本来の効果を得るために以下で挙げる項目に配慮してください。

  • 食事前の服用をお勧めします。バイアグラは空腹時に服用することで本来の効果を得ることができます。食事の影響を受けやすいお薬なので、十分な効果が得るためには空腹の状態での服用、もしくは食べ物の消化がある程度進んだ状態で服用してください。
  • もし、 食後にバイアグラを服用する際 は、以下の2点を参考にしてください。

    • 食後から性行為まで時間がある場合は、食事が終わってから2時間以内の服用は控えてください。
      (天ぷら・唐揚げ・ステーキ・ラーメンなどの油物や脂肪分たっぷりの肉料理は、消化に時間がかかるため、バイアグラの効果が十分発揮されない場合があります。消化に良いあっさりした食事をお選びください)
    • 食後から性行為まで間隔が短い場合は、空腹時にあらかじめバイアグラを服用し、30分ほど時間が経過した後に食事をとります。
      (バイアグラは服用後30分ほどで効き目が表れます。5時間から6時間の持続効果がありますので、性行為まで時間が無い場合は食前にあらかじめ服用しても問題ございません。)
  • アルコールを大量に摂取してのバイアグラの服用は控えてください。
    大量にアルコールを摂取すると、お薬の効果が十分発揮されず、場合によっては倒れてしまう恐れがあります。
    なお、適量のアルコールであれば、緊張感を和らげる効果があり、バイアグラの効き目を高めてくれますので問題ございません。
  • バイアグラには性的興奮を促す効果はなく、あくまでも男性器の勃起を促進させるためのお薬であり、性的刺激や興奮を感じないかぎり作用しません。
  • バイアグラは副作用の心配が少なく、安全なお薬ですが、中には処方ができない患者様もいらっしゃいます。併用禁忌薬を服用している場合は処方することができないので、ご了承願います。万が一、硝酸剤などとバイアグラを併用してしまうと血圧が急激に低下してしまうなどの危険な副作用を起こしてしまう可能性があります。
    何かしらのお薬を服用している場合は、必ず医師にそのお薬の名称をお伝えし、ご相談されてください。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用した時に現れる副作用は、一般的に以下のような症状です。

  • 顔のほてり、紅潮(血管拡張時に起こる症状)
  • 眼の充血、周りがまぶしく見える
  • 頭痛
  • 動機
  • 消化不良、胸焼け
  • 鼻づまり

バイアグラの添付文書の内容は以下の通りです。

  • 海外、第Ⅱ相試験・第Ⅲ相試験823例中261例に副作用あり。
  • 血管拡張(ほてり、潮紅)125例(15.19%)
  • 頭痛109例(13.24%)
  • 消化不良28例(3.40%)等

上記のような症状が現れた場合、お薬の効果が出始めている合図だと思っていただいて問題ございません。

バイアグラの副作用で、血管拡張時などの症状は実際に上記のパーセンテージよりも多く現れます。

初めてバイアグラを服用される方の場合、不安を感じるかもしれませんが、健康に害を及ぼすことはありませんのでご安心ください。
重大な副作用を防ぐためにも、きちんとした医療機関で処方している安全なバイアグラを医師の説明・注意を守り服用する必要があります。

バイアグラの注意点

バイアグラ服用時の注意点は以下の通りです。

  • バイアグラは空腹時30分くらいで効果が現れますので、性行為の約1時間前に服用してください。
  • バイアグラの効果持続時間は服用時の健康状態・食事内容により個人差がありますが、一般的には約5時間ほどです。
  • 糖尿病(糖尿病の気がある方も含む)や極度の肥満の方、高血圧・うつ病の副作用による勃起不全の場合、通常のバイアグラ50mg1錠では効果が発揮されないケースがあります。
    その場合は、服用量が変わることがありますので、医師に相談し、指示に従ってください。
  • 心臓病などの持病をお持ちの方や、併用禁忌薬を服用されている場合は、バイアグラの処方ができない方もいらっしゃいます。
    →詳しくは「バイアグラを処方できない方」をご参考にしてください。
  • バイアグラはあくまでも勃起を促す補助をするお薬であって、性的な興奮を高める作用はございません。
  • バイアグラを食後すぐに服用してしまうと、消化が進んでいないため、十分な効果を得ることができません。腹7分目ぐらいに食事を抑えて空腹時での服用をお勧めします。
  • 過剰なアルコールを摂取後の服用は危険なので控えてください。適量のアルコールは、気分を和らげる効果があり、バイアグラの効果を向上させます。

上記に注意して服用されても、十分な効果を発揮できないこともありますので、その場合は気兼ねなくお伝えください。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-087822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2018 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.