AGA治療には、プロペシア処方【浜松町第一クリニック大宮院】

飲む育毛剤プロペシアを予約不要で院内処方~浜松町第一クリニック大宮院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-817822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
薄毛でお悩みの方(プロペシア)

プロペシアが2005年12月に販売開始されてからこれまで、当クリニックでは、3万人以上の方に処方をさせていただいた実績がございます。
なお、プロペシアを服用した方の中で、健康被害を招いたことは一度もありませんのでご安心してお求め下さい。
万有製薬(現:MSD)が提供しているAGA-news(プロペシア処方をしている病院検索が可能なサイト)でも、当クリニックについてご紹介をいただいております。

詳しくはこちらをご覧下さいAGA-news 病院詳細情報

プロペシアとは

【男性型脱毛症用治療薬「プロペシア」について】

プロペシアは、世界60各国以上の国々で処方されている、男性型脱毛症の治療薬です。
アメリカのメルク社という企業が新薬の開発をおこない、2001年には日本でも万有製薬が臨床試験を開始。
2003年に厚生労働省への承認申請がおこなわれ、2005年12月に初めて日本国内の各クリニックで処方の許可がおりました。

お薬は内服薬で処方されており、抜け毛の進行を抑制・改善する効能が期待できます。

【プロペシアの成分について】

プロペシアに含まれている有効成分は、ノコギリヤシといわれる植物の薬物成分からとれる「フィナステリド」という物質です。
天然成分ですので、副作用等の心配も少なく、安心して服用していただけます。

【男性型脱毛症(別名AGA:エージーエー)とは?】

AGAは、成人した男性にみられる頭髪が薄毛になる症状です。早い方では思春期以降に症状があらわれることもあります。
頭髪の生え際から抜け毛が進行し、頭皮が見えるほど薄くなっていきます。

まだ成長していない毛髪の抜け毛が目立つようになるのが、AGAの前兆といわれています。
これは、毛髪を生成する「毛包(もうほう」が十分に成長しないために起こる症状で、日本国内では、AGAに悩む方は全国に1260万人以上いるといわれています。(※潜在的な患者を含めると、その数をさらに超えるとみられます。)

【男性型脱毛症の発症原因について】

男性型脱毛症が発症する原因には、DHT(ジヒドロテストステロン)の高濃度化の関係と考えられています。
DHTは、毛髪ヘアサイクルの成長を短くしてしまう物質です。

  • 人の髪の毛は、成長→退行→休止を繰り返すヘアサイクルが存在します。
    DHTが高濃度化すると、このヘアサイクルが極端に短くなり、短くて細い毛が抜け落ちてしまうのです。
  • この男性型脱毛症は、早い方で思春期を過ぎた当りから、前兆があらわれる方もいらっしゃいます。

【プロペシアの効果(臨床試験報告)】

  • 日本国内で実施されたプロペシア臨床試験では、以下のような試験結果が報告されております。
  • 1年間の投与で58%、2年間で68%、3年間で78%のAGAの改善効果が確認されています。
  • 1年間の投与で40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が確認されています。

※上記の数値データは、20歳~50歳以下の健康な男性を対照としております。
対照とされていない年齢の方がプロペシアを服用した場合、効果があらわれない場合もございます。

臨床試験報告では、改善・維持双方あわせると実に98%の方が、プロペシアを服用することで、男性型脱毛症(AGA)の進行を食い止められた、ということがわかります。

プロペシア プロペシア錠剤

プロペシアの使用上の服用方法

【プロペシアの服用方法】

通常6ヶ月以上1日1回、毎日継続して服用をおこない、効果の有無を確かめます。

※6ヶ月経過後、効果があらわれた場合でも服用は継続しておこないます。

【プロペシア服用時の注意点プロペシアは男性脱毛症のみに有効な男性専用の医薬品です。なお円形脱毛症や抗癌剤による脱毛症に対しては効果が認められておりません。】

  • 通常6ヶ月以上の継続した服用が必要です。(※個人差により、3ヶ月程度で効果があらわれることもございます。)
  • プロペシアの効果を継続させるためには、効果があらわれてからも継続して服用する必要がございます。(※服用をやめてしまうと、症状が再度進行してしまう恐れがございます。)
  • プロペシアは、一般的な円形脱毛症や、抗がん剤の使用による脱毛症に対しては、効果が認められておりません。
  • 通常6ヶ月以上、お薬の効果が確認できるまで服用が必要です。※ 個人差により3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もあります。
  • 成人男性に対してのみ処方が可能です。(※20歳未満の未成年には、安全性および有効性が確認されていないため、処方することができません。)
  • プロペシアは、男性のみを対象としたお薬です。女性に対する適用はありませんので処方しておりません。
  • 妊婦や妊娠中の方への処方は、男性胎児の生殖器官等に発達異常を及ぼす危険性がありますので、処方ができません。
  • プロペシアを服用している場合、献血を一切やらないでください。血液の中にプロペシアの成分が含まれている可能性があり、その血液が妊婦や授乳中の方の体内に入る危険性がございます。(※1ヶ月間プロペシアの服用を中止することで献血が可能になります。)
  • ごくまれに性欲減退・インポテンツなどの副作用があらわれることがあります。(※国内臨床試験においては1%未満です。)
  • 前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、検診担当の医師に、プロペシア服用中である旨を必ずお伝え下さい。

※ プロペシアの効果には個人差があります。人によっては、現状維持効果を得られるのにとどまる可能性もあります。

※ プロペシアは、服用してすぐに効果があらわれるわけではございません。毎日1回の服用を、最低6ヶ月間継続する必要があります。

※ 効果があらわれた場合におきましても、それ以後、継続した服用を強くお勧めします。服用をストップしてしまうと、症状が再度進行してしまう場合があることをご了承ください。

頭皮に直接付けるタイプのお薬

当クリニックでは、育毛剤「アロビックス30ml(佐藤製薬)」を処方いたしております。

価格は、1本1500円(税込み)、5本ですと6000円(税込み)でお求めいただけます。

【アロビックスの効果】

アロビックスは、血管拡張作用を持つ有効成分「塩化カルプロニウム」を5%配合した、頭に直接つけるタイプの育毛剤です。
外皮用薬「フロジン液30ml」のジェネリック医薬品で、頭皮の血管を拡張することで血行を良くします。
それにより、毛乳頭の栄養補給を助け、毛髪の成長を促す作用がございます。

※この有効成分が配合されている一般的に有名な育毛剤には、第一三共ヘルスケアの、「カロヤンアポジカ」や「カロヤンガッシュ」などがございます。

【ジェネリック医薬品とは?】

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、その共有の権利となったその製法や成分を使い開発される、後発医薬品のことをいいます。
ジェネリック医薬品は新薬と比べて、開発コストが安いため、市場に40~80%ほどの価格で流通します。

それにより患者さんの医療費負担を軽減できることから、日本国内でもジェネリック医薬品の価値が認知され、評価が高まっております。

アロビックス30mlの場合、「フロジン液30ml」が先発医薬品となり、アロビックスが後発医薬品ということになります。

※ 新薬には特許を設ける権利があり、その成分および製造法は、法律により権利が保護されております。 なお、この特許には期限が設けられており、この期限が有効なうちには、ジェネリック医薬品の製造・販売をおこなうことはできません。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-087822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2018 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.